月別アーカイブ: 2016年12月

今日の本 『五助じいさんのキツネ』

季節の本です。山奥で一人暮らしをしていた五助じいさんのところに、親とはぐれたらしい子ギツネが住みつきました。じいさんは、子ギツネをかわいがりますが、キツネはキツネらしく生きた方がよいのでは、と、仲間をさがしてやるのでしたが…。 これにもゆたんぽが重要な役割で登場します。24×19㎝ 40頁 1,296円。 トップへもどる

%e4%ba%94%e5%8a%a9%e3%81%98%e3%81%84%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%84%e3%83%8d

 

今日の本 『人と出会う場所 市場』

新刊です。世界中の、人、家、食べ物などを撮り続けている小松義夫さんの「市場特集」です。ひと月前に注文、楽しみにしていました。期待どおりのにぎやかな景色、でも、本を開くと同時に、ドイツのクリスマス市での惨事を思い出し、しばしフリーズしてしまいました。世界中にある、素朴でおおらかな市場、いつまでも続きますように。 A4判 40頁 1,728円。 トップへもどる

%e4%ba%ba%e3%81%a8%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%86%e5%a0%b4%e6%89%80%e5%b8%82%e5%a0%b4

今日の本 「100かいだてのいえ」かるた

新刊です。ただし、本ではなくて「かるた」です。『100かいだてのいえ』シリーズの絵本は3冊出ていますが、今回「かるた」が登場しました。最大の特徴は、1から100までの数字をさがす「かるた」になっていることです。もちろん、読み札のことば通りの絵を探してもOKです。絵本のシーンがそのまま「かるた」になっているので、絵本に親しんだ子にとっては、「お気に入りの場面のカードをどうしても取りたい!」なんてことも起きるかも。「かるた」としての遊び以外にも、神経衰弱や、家族合わせゲームもできます。 箱の大きさ 30×14×3㎝ カード200枚入り 2,160円。 トップへもどる。

100%e3%81%8b%e3%81%84%e3%81%a0%e3%81%a6%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%9f

今日の本 『全訳 漢辞海 第四版』

新刊です。初版は2000年に出ているそうなので、漢和辞典としては新しいです。それだけに、現代人が漢字に親しむためのさまざまな工夫が施してあります。漢字は本来、中国語です。でも、この文字を日常的に使っているのは、今は、日本と台湾だけになってしまいました。悠久の歴史を秘めた玉手箱ともいえるこの辞書を、座右にぜひ。 18.5×13.5㎝ 1800頁 3,240円。 トップへもどる。

%e6%bc%a2%e8%be%9e%e6%b5%b7%e5%9b%9b%e7%89%88

%e6%bc%a2%e8%be%9e%e6%b5%b7%e5%9b%9b%e7%89%88%e4%b8%ad

今日の本 『新幹線のたび 金沢から』

新刊です。5年前、パート1が出ていました。新青森駅から鹿児島中央駅までを旅する本でした。九州新幹線開業の日に合わせて出版したのでした。今回は、北陸新幹線を出発点にしています。金沢~大宮~新函館北斗。ここからは在来特急「スーパー北斗」に乗り換えて札幌まで行きます。表紙の構図、わかりますか?能登半島から白山を眺めているのです。 A4判 33頁 1,620円。 トップへもどる。

%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%b3%ef%bc%92