月別アーカイブ: 2016年7月

今日の本 『いっぱつで七ごろし』

古本です。1983年初版本。ヴィクター・アンブラス絵、きくしまいくえ訳。グリム童話から。それにしてもタイトルが怖いですね。他社本では、「勇ましいちびの仕立て屋さん」というタイトルだったりします。絵本として、これ以上望めないくらいの色づかいに圧倒されます。稀少本につき、やや高めです。 A4判 24頁 1,800円。 トップへもどる。

いっぱつで七ごろし

今日の本 『およばれのテーブルマナー』

新刊です。作者のフィリップ・デュマはフランスの作家・画家です。オビに「エルメス家の食卓から云々」と書いてあります。それは、フィリップが、エルメス社社長の令息だから。そういえば、表紙の配色にそれとなくエルメス風を取り入れているような。中は、食事のときに気をつけたいマナーをユーモラスな絵でやさしく解説しています。「毎日の食卓で守りたいこと」というタイトルでもOKだと思います。 24×19㎝ 40頁 1,404円。 トップへもどる。

およばれのテーブルマナー

 

今日の棚 堀田善衛 コーナー

今朝の北日本新聞に堀田善衛氏を紹介する記事が載っていました。辻沢賢信さんのこの連載は、毎回興味深く読ませていただいています。今回は、「うちにもあるから見に来てね」ということで。歴史書であり、小説であり、エンタメでもあり。ずっと前から宮崎駿氏がアニメ化したがっておられるのもわかるような気がします。この棚の、文庫本は新本。ハードカバーは古本です。 トップへもどる。

堀田善衛コーナー

今日の本 「男の隠れ家」9月号

新着です。今年後半から来年にかけての80種類の美術展情報が載っています。表紙と同じデザインのA5クリアポケットがおまけについています。大阪で開かれているデトロイト美術館展に、この絵がきているんですね。開催中の館内の写真も載っていて、「あれ、これってありなの?」と思ったのは、来館者が写真撮ってること。海外では撮影OKの美術館も珍しくないそうで、ここでもそれに倣ったそうです。資料的価値もある1冊です。 A4判 128頁 780円。 トップへもどる。

男の隠れ家201609

今日のフライヤー けんぶちから

北海道上川郡剣淵町の剣淵町絵本の館からのおたよりです。この展示会の間、会場で「けんぶち絵本の里大賞」に投票することができます。どんなところかな、といつも想像するだけなんですが。ここの館長代理、佐藤宏樹さんが、9月11日の全国絵本ミュージアム大会(於:射水市大島絵本館)に出席なさいます。 トップへもどる。

剣淵チラシ2016