月別アーカイブ: 2016年6月

今日の本 『モンスーンの贈り物』

新刊です。「ジャズ」と呼ばれる女子高生、本当の名前はジャスミン・キャロル・ガードナー。パパは、カリフォルニアのIT会社のエリート社員。ママは、4歳のときインドの孤児院から引き取られて、アメリカの大学で学んだという女性。同級生のスティーブに、ほのかな恋心が芽生えた、その肝心の夏休みに、一家揃ってインドに滞在することになってしまいます。周囲と自分自身への不満を抱えながらも、インドで出会った人々に期待をかけられてしまって…。ここまで読んだところです。面白いです。 20×14㎝ 318頁 1,728円。 トップへもどる

モンスーンの贈り物

今日の棚 「大地のめぐみフェア」準備中

7月1日は、当プー横丁の開店記念日です。34周年になります。記念事業として、「大地のめぐみフェア」を企画しました。かこさとしさんの『大地のめぐみ 土の力大作戦』を読んで、大地の偉大さを思い知ったことが動機になりました。かこさんの本は現在増刷中で、待っているところです。 トップへもどる。

大地のめぐみフェア1

大地のめぐみフェア2

今日の本 『なきむしこぞう』

新刊です。表紙に勢ぞろいしているのは、向かって左から「らりろん」、「じょう」、「ちりん」です。ぼうやにベタかわいがりされているぬいぐるみたちは、少々疲れを感じて、息抜きがしたくなります。元いた場所(動物園の売店)に帰ろうということになったのですが…。うちにもそういう時代がありました。「サンタさん」て言えなくて、「しゃんたしゃん」になるんですねえ。「しゃんたしゃんのおおしゃわぎ」と歌っていましたっけ。あーあ、もっともっとベタベタ遊んでやればよかったなあ。 24×18㎝ 62頁 1,620円。 トップへもどる。

なきむしこぞう

今日の本 『よかたい先生』

当店には新着です。1年で5刷になっています。こちらも、硬い内容なのに、よく読まれています。地元の新聞に「親子で読む」というコーナーがあって、月2回、1冊ずつ紹介されていました。この本もそこで知ったのです。原田正純さんは、水俣病の患者さんに寄り添った医師として有名で、著書もたくさんありますが、子どもが読める本はなかったと思います。作者の三枝三七子さんは、水俣病の現実に向きあって、何度もくじけそうになりながら、書き上げました。熊本にたくさん知人ができたので、今度の震災のときもじっとしていられなくて、熊本と松本(に住んでいる)を行ったり来たりしておられます。 A5判 136頁 1,512円。 トップへもどる。

よかたい先生

今日の本 『ヒットラーのむすめ』

ずっと前からあった本です。恥ずかしながら、ようやく読み終えました。オーストラリアの作家さんが第二次世界大戦末期のベルリンの子どもを書きました。現代のオーストラリアと70年前のベルリンを行ったり来たりします。児童書とはいえ、楽しくもないし、読みやすくもないし、ハッピーエンドでもない。でも、手元のこの本は14刷なんです。けっこう読まれているということです。日本の子どもたち、えらいなあ。で、18歳になったら、ちゃんと投票に行ってね。この本は帯にもあるように、ヤングアダルト基本図書でもあります。若い人に、こうやって伝え続けることができて、少し救われます。A5判222頁1,512円。 トップへもどる。

ヒットラーのむすめ

 

 

今日の棚 SottSott新作

刺繍で物語るSottSottの新作が届きました。カード、コースター、スタイの3点です。カードは、先日調布市文化会館で展示されていた作品をプリントしたものです。好評だった「あかいワンピースの女の子」も入っています。コースターはツムギクロスにブルーの麻布を縫い合わせて、手触りよく、丈夫に仕上げてあります。刺繍は英国のブラックワーク刺繍のパターンをカラフルにアレンジしたもの。 カード150円 コースター650円 スタイ1,200円。 トップへもどる。

sottsott新スタイ

sottsottカードとコースター

今日の本 『ソーニャのめんどり』

新刊です。表紙を開け、カバーそでに書かれた「わたしが おかあさんになってあげるね」のことばに早くも引き込まれました。9歳くらいの女の子、ソーニャが、お父さんから託された3羽のひよこを育てます。順調にめんどりに育って、卵も産んでくれるようになったのに、ある晩、キツネが・・・。一見、素朴な絵にみえながら、奥行が深いです。新人絵本作家に与えられるエズラ・ジャック・キーツ賞受賞作です。 A4変型判 32頁 1,512円。 トップへもどる。

ソーニャのめんどり

今日の本 『春のおやつ』『夏のおやつ』

新刊です。2冊同時発売です。著者は、伝統おやつ研究クラブという怪しげ(失礼)なグループ。昭和時代だったら、お母さんやおばあちゃんに教わっていたようなおやつがいっぱい。それに加えて、世界のおやつも紹介されています。開いたページの「トライフル」は、イギリスのおやつ。要するに、余り物をまぜこぜにするんだって。これならうちでも作れそう。!(^^)! A4判 48頁 各2,592円。 トップへもどる。

おやつ春夏表紙

おやつ春夏中

今日の本 『てっぺんねこ』

昨年秋にでた本です。ひと月ほど面展していたので入れ替えようと手に取って、「灰島かり」さんの翻訳だったことに気がつきました。並べたときにはご存命だったのに。いつかお会いできる機会もあるかもと、自分の会いたい人リストに入れていたのに…。しなやかで勇敢なこのネコは、高いところが好きで、上へ上へとのぼっていきます。おりるのが怖い、なんてのは子ネコの話でしょ、とばかりに、多少危ない目にあってもへこたれません。とても素敵なネコです。かりさんも、きっと共感していたんだろうな、と思います。ご冥福をお祈りいたします。 A4判 34頁 1,620円。 トップへもどる。

てっぺんねこ