月別アーカイブ: 2015年3月

今日の本 『いじめの記憶』

郷土の本です。「読んでください。私を忘れないでください。」という声が聞こえました。岩脇寛子さんが生きておられたら、今年40歳になります。同じ年の生まれで、最近4人目の子どものママになった女性を知っています。寛子さんも、きっと優しいお母さんになられたことと思います。自殺の前日にも、いじめられていた友だちを励ましていたという寛子さん。私は、忘れません。この本があること、せめてもの慰めです。 2,160円。 トップへもどる。

いじめの記憶

 

今日の本 『ワークマン ステンシル』

参加型の絵本です。ステンシル用の抜き型がセットされています。三浦さんの真似をして、黒一色で表現してもいいし、色紙でも、フェルトなどでもいいのです。抜き型を裏返して使って、対称形を作ってもOK。そういえば、20年くらい前、子ども用のキッドピクスというお絵描きソフトがあって、フォトショップ並みの機能がついていました。あのころのMacは楽しかったなあ。いえいえ、自分の手を使うのが基本ですとも。 2,484円。 トップへもどる。

ワークマン

 

今日の本 『ふしぎなきょうりゅうはくぶつかん』

新刊です。福井県勝山市にある福井県立恐竜博物館が舞台です。ここへ行くには、JR福井駅からえちぜん鉄道に乗り換えて1時間。さらにコミュニティバスに15分ほど乗って行きます。いろいろな乗り物に乗れて、恐竜の骨格標本を見れて、きょうりゅうバーガーなど、栄養と楽しさを工夫したランチを食べられます。春休みのお出かけプランに是非・・・あらら、本の紹介を忘れてた。読んだら行きたくなっちゃったんだもん。 1,080円。

ふしぎなきょうりゅうはくぶつかん

今日の本 『ぼうさまになったからす』

松谷みよ子さんと司修さんの絵本です。実は、この本について聞いてくださった若い女性のお客様があって、遅れ馳せながらご用意しました。いつのまにか、改訂版になっていました。こんな地味な本でも、常に検証を怠らず、よりよいものになるよう、手を加えているのですね。それは、平和のありがたみを忘れないためなのです。ちゃんと受け止めようとする若い人がいること、心強く思います。みんな元気になる絵本209回でもご紹介しました。 1,296円。 トップへ戻る

ぼうさまになったからす

今日の本 『フィリピン』

版元さんから直送されてきた、できたての本です。世界のともだちシリーズは、これで、シリーズの2期分、24冊が揃いました。今年の11月ごろから3期の刊行が始まります。

今回のフォトジャーナリスト石川直樹さんはフィリピン北部の農村を訪れ、7歳のネリ少年と友だちになりました。棚田が世界遺産になっている村で、ネリは元気いっぱい遊んだり勉強したりしています。民族衣装をつけた姿がとてもいいと思いました。 1,944円。

フィリピン

今日の本 『いたいのいたいのとんでゆけ』

うちには初めて来た本です。先日の松谷みよ子さんの『いたいいたいはとんでいけ』はわらべうたそのものでしたが、こちらは創作が加わっています。「いたいいたい」を飛ばされたオニが怒って文句を言ってきたのです。わー、どうしよう、こわいよう・・・。でもね、ちゃんと話し合って折り合いがつくの。人間同士のほうが難しいですよねえ。 1,296円。

鈴木出版いたいのいたいの

今日の本 今江さんの文庫本

古本です。今江祥智さんの文庫本です。『優しさごっこ』200円。『冬の光』200円。『さよなら、ピーター・パン』400円。このほか、今江さんが編集人の一員だった季刊「飛ぶ教室」を5冊、訳書として、ディック・ブルーナの『パラダイス・イン・ピクトグラム』を在庫しています。

今江文庫

今日の本 『英語でもよめる ぼちぼちいこか』 

今江祥智さんが亡くなりました。私には、若い作家を育てようとした方、という印象が強いです。この本にも、その精神が反映されていると思います。みんな元気になる絵本131回でご紹介しました。そのころはまだ、このバイリンガル版は出ていませんでした。私、ぼちぼちやっていきます。どうぞいつまでも見守ってください。1,728円。  トップへもどる。ぼちぼちいこか

今日のフライヤー アーサー・ビナードさんの講演会

「フライヤー」って一回使ってみたかったの。チラシですね、要は。ビラ、ともいう。

詩人のアーサー・ビナード氏が、昨年に続いてまた富山に来てくれます。小杉のラポールは、JR(あいの風鉄道)小杉駅南口から歩いて15分くらいのところです。会場で書籍販売いたします。是非是非家族友人引き連れ、皆様でお出かけくださいますように。

アーサー講演会

ビナード氏の著作のうち、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』『さがしています』『えをかくかくかく』の3点につきましては、みんな元気になる絵本でご紹介しています。トップへもどる。