wpmaster のすべての投稿

今日の本 『いろいろいっぱい』

新刊です。副題は「ちきゅうの さまざまな いきもの」です。地球上では、数えきれないほどたくさんの生物が、互いにつながりあって生きていると、美しいイラストで伝えています。作者のニコラ・デイビスさんは、『ゾウがとおる村』『クジラに救われた村』などの児童文学作品があり、その中でも野生動物と人間の共生を強く訴えています。表紙も素敵で、服地にしたいような絵だと思ったら、『おしゃれなクララとおばあちゃんのぼうし』で、服飾芸術を多数展示しているヴィクトリア&アルバート博物館を描いたエミリー・サットンさんなのでした。納得。ニコラ・デイビス文 エミリー・サットン絵 越智典子訳 29.5×25.5㎝ 33頁 ゴブリン書房 1,620円。 トップへもどる

いろいろいっぱい

今日の本 『へんてこ ぜつめつどうぶつ』

新刊です。作者のはたこうしろうさんは、無類の虫好き。それなのに、この本に紹介されている動物たちは、絶滅したのですから、もう会えないわけです。会いたかったな、遊びたかったなという、はたさんの思いが伝わってきます。おかしくて、怖くて、そしていとおしい動物たち…。22.5×28.5㎝ 40頁  1,728円。トップへもどる

へんてこぜつめつどうぶつ

今日の本 『なるほどわかった コンピューターとプログラミング』

新刊です。二度開くしかけが119か所もある知識絵本です。コンピューターに関する言葉に出合いながら、コンピューターとはどのように使うものなのか、おおよその見当がついていきます。9、10ページまで進んだら、実際にパソコンを開いてスクラッチ言語を使ってみましょう。28×22㎝ 16頁 ひさかたチャイルド 1,944円。 トップへもどる

しかけ絵本コンピュータ表紙

しかけ絵本コンピュータ

今日の雑誌 「nid ニド」春号

新着です。当店には初お目見え。これから毎号来ます。「日本のイイトコドリを楽しもう」という気持ちで作られている季刊誌です。今号の特集は「沖縄で頑張っている女性たち」。陶芸や織物や染色、ガラス工芸、郷土料理等々、沖縄に居を定めて精進する女性たちが紹介されています。 A4判 114頁 エフジー武蔵 905円。 トップへもどる

ニド2017春号

 

今日の本 『うちってやっぱり なんかへん?』

新刊です。作者は1958年ノルウェイ生まれです。建築家の両親は、家具もファッションも最先端のデザインのものを好みました。それが、ふつうの子どもでいたい三姉妹にとっては大迷惑なのでした…。北欧のセンス満載です。そしてお話の大事な脇役である自転車はイギリスのモールトンというブランドだそうです。トーリル・コーヴェ作 青木順子訳 26.5×23.5㎝ 40頁 偕成社 1,620円。 トップへもどる

うちってやっぱり

今日の本 『びじゅつかんへいこう』

当店には新着です。昨日ご紹介した「あぁとくん」は、無意識のうちに美術館を通り抜けたのでしたが、この本の子は意識しています。美術品に刺激を求めてやってくるんです。こんなふうに、ふらりと入れる美術館、近所にあるといいですね。当店から歩いていける距離にあった県立美術館が引越することになって、残念です。館長さんがそれこそ、ふらりと立ち寄ってくださっていたのに。不運な店だよなあ、ウチ。ピーター・レイノルズ絵 スーザン・ベルテ文 なかがわちひろ訳 24.5×25㎝ 32頁 国土社 1,620円。 トップへもどる

レイノルズびじゅつかんへいこう

今日の本 『あぁとくんを みかけませんでしたか?』

当店には新着です。もしゃもしゃ頭のぼうやは「あぁとくん」を探しています。約束の場所に見当たらないので、道行く人に尋ねます。「あぁとくんをみかけませんでしたか?」と。すると、「アートなら、MOMAに行ってごらん、必ず会えるよ」って言われました。「MOMA」はThe Museum of Modern Art ,New Yorkのことなんですね。実際にニューヨーク近代美術館に収蔵されている64点のアートが鑑賞できます。そうとは気づかないぼうやといっしょにね(*^-^*) ジョン・シェスカ文 レイン・スミス絵 14.5×28.5㎝ 48頁 六耀社 1,728円。 トップへもどる

あぁとくん

 

あぁとくん中