高校生活の小説 山内マリコ

日販さんへの注文は、殆どカミさんがやっているのに、勝手に山田詠美著『ぼくは勉強ができない』を発注しようとして、当たり前に新潮文庫で探していたら、何かないみたいなことになって、あれっ?出すのやめたのかなぁと思っていたら、文春文庫から出ていたのでそのまま発注してしまいました。新潮文庫の方は、やっぱりそのまま出ているみたいで、版元はどちらでもよいのですが、要するにウチの店頭では『放課後の音符』は新潮文庫で、『ぼくは勉強ができない』は、文春文庫で出ています。
10月8日の北日本新聞に、月刊『文芸春秋』編集長の紹介記事が載っていて、又吉さんの『火花』が受賞した芥川賞の選考会の司会を務め、大変に緊張したことなど話されていました。ある先輩から、「司会の進行が悪くて”該当なし”になることがあるんだよ」と聞かされたり、選考当日は神社にお参りし、直前にカツ丼を口にしたとか、とてもおもしろい記事でした。
で、編集長様、私より少しお若いのですが、私と高校が同じなのです。大学は東大卒で、もちろん私は違います。が、同窓なので、文春文庫でよかったかなぁ、なんて言い訳しています。
文春文庫『ぼくは勉強ができない』の解説は綿矢りささん。綿矢さん、山田詠美にすごく刺激受けていますね。そこでこのブログで、「高校生活の小説」と題して、山田詠美著『放課後の音符』『ぼくは勉強ができない』→綿矢りさ著『蹴りたい背中』→山内マリコ著『ここは退屈迎えに来て』→庄司薫著『赤頭巾ちゃん気をつけて』(古本)の順に、(カミさん言わせると、田中康夫著『なんとなくクリスタル』(古本)もというので大学生だけどこじつけて)店頭商品の紹介をしていこうと企んでいたところ、驚いたことに、山内マリコさんが、今日来店されて、絵本3冊お買い上げ。ありがとうございました。そこであわてて順番を変えて山内さんから今日書こうと思ったのですが、いま日付が変わって、昨日になってしまって、もう遅いので元の計画でやってみます。
山内さんですが、私はバックヤードで『世界のともだち』パネル展の片付けをしていてお会いできなかったのですが、応対したカミさんの話では、高校生の時ウチの駅前店にバイトの申し出をされてたそうで、カミさんは何となく記憶にあるみたいなのですが、大変申し訳ないことをしました。ちょうどその頃は、橋本政権の消費税増税不景気と銀行貸はがしブームの真っ最中で、店は滅茶苦茶だったのです。
山内さんの本はちゃんと店頭に在庫していますよ。応援しています!

 

カテゴリー: 書-文学, 未分類 | コメントする

「絵本と木の実の美術館」へ行ってきました

この9月1日に、ついに十日町市の「絵本と木の実の美術館」へ行ってきました。2年前から行く行くと言っていながら、今年の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015」まで行けませんでした。
「絵本と木の実の美術館」は、閉校になった小学校を、田島征三さんが「空間絵本」として再生した、というガイドブックの説明でしたが、本当にそうでした。本当に「絵本だ!」と感じました。
ウチの市にも絵本館があって、開館の時、「生活全部が絵本だ」というとても感動的なフレーズを、館の担当者の方の説明で聞きました。建物が、空間が、行動が、目に見えるよう、手に取るように、「絵本だ」と感じることはなかなか難しいことのように思います。
「絵本と木の実の美術館」は、校舎全体が表現してくるのです。中にいると、校舎全体が動いていて、在校生がまだいてはしゃいでいるようで、こっちもだんだん興奮してくるのです。校舎全体が絵本になっているのです。やっぱり、田島さんは、すごい。

daiti1
それと、見てきました。田島さんを突き動かした、子どもたちの最後の「らくがき」「きよえさん ごはんおいしかったよ」 「きよえさん」というのは、たぶん給食のおばさんだと思いますが、田島さんの奥さんのお名前も「きよえさん」なのです。田島さんには、自らの宿命だと感じたようですよ。

daiti2daiti3
とても感動したので、この後のアートめぐり計画が、閉校めぐり偏重に変更になってしまいました。枯木又プロジェクトは、京都精華大学有志の方々が地域とつながりながらの作品展開で、大学の夏の合宿研修所のようでした。アジア写真映像館は、中国三影堂撮影賞受賞作品と東京綜合写真専門学校の関係者の方々の作品が展示されていて、ギャラリーのようでした。それぞれの企画ではありましたが、閉校舎は、そこで過ごした子供たちの生活の跡が、じんわりと感じさせられて、心に残るものがありました。
閉校舎を、そこで過ごした子供たちの生活の記憶と一緒に、一つの塊となった芸術作品にして、どんどん制作されるといいなぁと思いました。

カテゴリー: 暮-旅行, 書-絵本 | コメントする

父の日のプレゼント ー カエル

今日、M子(長女)から父の日のプレゼントだよん、と言って、「ムーミンパパノート」を貰いました。ヤッタァ!
で、カードも付いていて、「THANK YOU PAPA」というバカボンのパパのカードです。バカボンのパパが、用もないところを穴堀していたら、「あっ!だれかいる」と冬眠中のカエルを見付けて、ママのところに届けに行って‥‥。
実は、今年の春先に玉葱を植えようと畑を荒起こししていたら、土に混じってひっこんとトノサマガエルが転がり出てきて、ぼーっとしています。冬眠から強制的に叩き起こしてしまったようです。
ずーっと昔、父(呆けてなくて元気だった頃)と春先に田んぼの野良仕事をしていた時、父がスコップを土に刺し込んだら、時代劇の様な血吹雪が飛び散り、父が怪我をしたのではと大慌てしたことがあります。犠牲者は、モグラさんでした。
それ以来、春の田起こし、畑の荒起こしには、嫌な思いが付きまとっています。カエルさんに怪我がなくてよかった、よかった。
papa

カテゴリー: 暮-家族 | コメントする

棟方志功と刀物 ー 大成説

今日、お義母さん(カミさんの母)がお中元にといって「大門素麺」を持って、ウチの店にやってきました。ところが、肝心のカミさんはというと、大の顧客の長電話に捉まり、お義母さんの話し相手ができません。そこで私がお相手をしていたのですが、急に先日の「絵手紙友の会全国大会in富山」の時に、絵本『ちよゑちゃんとパパとだまし川』の著者大成勝代さんがとても気にしておられた、福光町の鍛冶屋さんの件について聞いてみると、なんとやっぱり近親者に当たるらしくて、お義母さんのお父さん(カミさんの祖父)の実家(本家)が、棟方志功さんが来ていた鍛冶屋でした。志功さんが、「なづかしぇぃ、なづかしぇぃ」と言って、ふいごを操作しているのを見たと、お義母さんが身振りを付けて話してくれました。
大成さんの仮説はこうです。棟方志功さんが、芸術表現に当たり、日本画や油絵など色々ある中で、何故版画を選んだのか。それは刃物を使うからではないか。志功さんは青森の鍛冶屋の生まれです。鉄を鍛える時のあの鼻を衝く臭い。その強烈な鉄の臭いの原体験が、志功さんをして、絵筆やその他色々な道具がある中で、刃物を選ばせたのではないか、という読みなのです。
なるほど、と思いますよね。今後のご研究に期待しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニイガタブックライト その2 - 一箱は面白い

「一箱古本市in現代市2015」では、60店程の出店があり、勿論全店「一箱」店です。というのも、「BOOK DAY とやま」では、「一箱古本市」と「古本祭り」と「新刊書コーナー」が同時開催で、今年はその他にカレー屋さんやカフェも何件も出店していて、私は純粋に「一箱」だけの市を経験していないのです。
「一箱古本市」は、プロ・アマを問わず、自分の思いを段ボール箱ひとつ分に凝縮して販売する古本市です。特に平生は会社員だったりする人が、つまり本屋さんや古本屋さんでない人が、読み終わった自分の本を売りに来るわけで、自分の読書歴を、延いては自らの真情を曝すことになるとも言えます。一方お客さんは、一箱の中身を量って、自分と心が通じ合う人かどうかを探り、行けそうなら店主と会話し、気に入った本があれば購入する。目下ベストセラー中とか、今朝のTVで話題の本とか、一箱に来る客はコレ!といった傾向と対策を考えるとか、本屋が普通に考えるだろう本の販売とは全く異なるシチュエイションなのです。
私の隣のご夫婦お店は、とてもハードな芸術系の本を販売しておられるのですが、バンバン売れて行きます。補充しても補充しても売れに売れ、ほぼ完売状態になりました。ご主人は建築家で、ても穏やかな方、奥さんは大学の教員でとても活発で明るい方です。販売している本は、全てご夫婦が買って、読み通した本です。どれもカッコイイ、しかし難しそうで、高そうな本ばかりです。これがご夫婦の読書歴であり、ある意味ご本人たちそのものなわけですが、心情的になんとなくではなく、一冊一冊はっきりと言葉にして伝えておられるのです。こんな特殊な本を買う人がいるんだろうかと初めは思っていましたが、次々にお客さんが足を止め、楽しそうに会話され、ニコニコと買って行かれるので、隣で見ている私もつられて一緒に「有難うございました」と挨拶してしまうという有様でした。
隣のご夫婦が販売しておられる本の中に、何千円もするのに800円と値付けされているサイン本を見付けて、サイン本に気づいておられないのではと聞くと、奥さんの「これ、東京の古本屋で千円で買ったの。中を読んだことを差し引くとこれでいいのよ」というお答え。値付けの根拠もはっきりしていて、とても爽やかなご夫婦でした。
「一箱」は、自分が読んだ本を一箱に凝縮して、自分が読んだ本だから、足を止めてくれた方とも、しっかりお話ができて、よい関係を作ることができる。「一箱」は面白い、と教えてもらったお隣さんでした。次回もお隣で出店したいなぁ!!

nbl2015imaichi

とても暑かったけど、楽しかったよ!

カテゴリー: 書-古本 | コメントする

昨日の本 『ほんほん本の旅あるき』

「一箱古本市in現代市2015」にゲストとして来ておられた南陀楼綾繁さんのお店「古本けもの道」でこの本を買って、サインしてもらいました。本文の中に、「富山・高岡」の章があって、「BOOK DAY とやま」の仕掛け人でもある「ブックエンド」の石橋さんと山崎さんが出てきます。「BOOK DAY とやま」の時は、石橋さんに大変お世話になりりました。この本の中でも、南陀楼さんへの心遣いがよく伝わってきますが、南陀楼さんだからというのではなく、誰にでも温かく気配りされる人なのだと思います。次回の「BOOK DAY とやま」もよろしくお願いします。
nandarohonhonnandarosighn

カテゴリー: 書-古本 | コメントする

ニイガタブックライトに出店しました その1

「一箱古本市in現代市2015」に出店しました。これは、「ニイガタブックライト」が企画している催し物です。「ニイガタブックライト」は、私たち夫婦が新潟にいるF子(三女)のところへ出かけた時、必ず訪ねることにしている大好きな本屋さん「北書店」さんが中心メンバーになって、新潟でブックイベントを行う団体です。「ニイガタブックライト」が企画する「一箱古本市」に、今回が初めて出店です。F子が新潟の大学に入学して以来、ずーっと気になっていて、前回の「一箱古本市in沼垂テラス2014」の時も迷いましたが、結局お客さんで出かけました。3年を過ぎて、やっと決心して出店を決めました。
今回の「一箱古本市」は、新潟市中央区の学校町通で開かれたフリーマーケット「現代市」とタイアップして、菅原神社までのエリアで開催されました。学校町通は、「北書店」さんのすぐ横から始まる商店街で、とても賑やかな感じの、鳥居前町通りです。今回、「プー横丁」と「すずめや」で2スペース申し込んだのですが、出店配置が菅原神社の鳥居前で、富山から出かけて行くので、優遇してもらった感じです。
「一箱古本市in現代市2015」の店主マニュアルでは、午前9集合、販売開始は、10時。学校町通の通行止めが、9時。その他の進入口の閉鎖は9時半からということで、それから道路に出て店開き。午後3時販売終了。5時から打上げです。私たちは、娘に会うという目的もあるので、打上は勘弁してもらって、当日は新潟泊まり。前日仕事を終えて朝9時に新潟入は、時間的に無理なので、前泊もとなると、お店が連休になるのでちょっと困ります。ということで、今回は久しぶりの車中泊を、怖々決断しました。F子の大学入学のとき、カミさんとF子が先に特急「北越」で新潟入りし、翌日に仕事を終えてから、引越荷物を積んで私一人、米山SAで車中泊して以来です。ちゃんと寝れるかなと、ぎりぎりまで心配していたのですが、意外に車中泊は心配した程のこともなく、ゆっくり休むことができました。朝も鶯の凄い合唱で目が覚めました。道路の方も、日曜日とあって空いていて、7時半ごろには菅原神社前に到着してしまいました。
朝7時半の菅原神社前は、通行人はいますが、未だ「一箱古本市」関係者らしき人は、一人もいません。仕方がないので近くのコンビニで時間潰しをしたりしましたが、なかなか時間が経ちません。この日は大変な暑さになり、「ニイガタブックライト」史上最高気温ではとFaceBookに書いていた人もいましたが、もう朝のうちからお日様ががんがん照りつけます。出店場所の学校町通の道路上は、バンバン車が走っていきます。いつまでたっても、準備に取り掛かれません。太陽の熱も、時間を待つ気持ちも、ジリジリジリジリしてきます。9時45分までの待機はなかなかでした。

nbl2015imaich3i

開始時間を待つカミさん。 早朝からこの日差し。

nbl2015imaich2i

メイン会場の 菅原神社前。 午前8時を過ぎても、 誰も
来ません。赤丸が、 出店配置場所で待機するカミさん。

ウチの店のある富山市太田口通りは旧飛騨街道の起点で、日枝神社の大社があります。この日枝神社、山王さんの大祭が先日ありまして、もの凄い数の香具師が全国から集まってきます。今年は、前夜祭が日曜日で、しかも晴天だったので、香具師さんたちは朝から準備で大忙し。大和百貨店前の大通りは、朝から歩行者天国、道路いっぱいにテーブルを広げて、各ビール会社の全体がサーバー機というような車が何台も乗り入れて、巨大なマスコットが揺れています。昼過ぎには、お客さんたちも繰り出し始めて、夕方近くになると香具師の各店からおいしい匂いが漂ってきます。ここから、お客さんと香具師とビールを売る人、屋台の人たちの睨めっこが始まります。前夜祭は、午後5開始で、それまで物を売ったり、騒いだりできない決まりになっているのです。「ねぇ、もう焼きあがってるんだから、売ってよ。このあと用があって、急いでいるんだから」などと、さかんにお客さんたちはせめるのだけど、売る側は俯いて首を振って、「5時まで売ったらダメなが」とじっと我慢しています。このジリジリしたじーっと時間が来るのを待つ重い空気は、毎年の山王さんの前夜祭の光景です。私は、そういう取り決め外なので、午後3時頃から店先で幟を揚げて露店販売をやっていましたが、この新潟の菅原神社前で、しみじみと山王祭の香具師さんたちの気持ちを思い量ることになりました。

カテゴリー: 書-古本 | コメントする

お向かいのビルにニホンカモシカ

ウチの店の市電(サントラム)通りを挟んでお向かいのビルの3階に、国の特別天然記念物のニホンカモシカが侵入。警察や県の獣医さんやたくさんの報道関係者が集まってきて、一時騒然としました。カミさんが、iPadで現場写真を撮りましたので載せます。2枚撮ったのですが、1枚が毎日新聞に採用になったので、もう1枚の方を載せます。左側に駆け付けたパトカーが写っています。カモシカさんの方は、どうも麻酔の吹矢で捕獲され、山に放たれたようです。
kamosika2
先日、ウチの営農組合のキャベツ畑にも、カモシカがやって来ました。一応騒ぎにはなって、キャベツをムシャムシャ食べているカモシカを、組合員の人たちがみんなで追い返しました。今度仲間を連れて来たらキャベツは全滅だ!と心配して、騒ぎになったのです。私は、実はその1週間前に組合員3人とそのキャベツ畑に大量の殺虫剤を撒いたばかりだったので、カモシカさんがお腹を壊してないかちょっと心配でした。
ウチの営農組合のキャベツ畑は、カモメが飛んでくるような海寄りの土地にあるので、山にいるカモシカが現れるのは、やはり珍しいことなのですが、警察も、市役所の職員も、テレビ局も、新聞社も来ませんでした。

カテゴリー: 写-写真 | コメントする

絵手紙友の会全国大会in富山で販売 2

朝8時半に、「絵手紙友の会全国大会in富山」の会場である富山国際会議場に着くと、開場を待つ全国からおいでになった参加者の方やスタッフの方で、入口付近が黒山の人だかりになっています。お客様の後ろから台車を押して私も入場です。急いで売り場づくりをしました。
参加者の9割は女性です。ネームプレートには、北海道、栃木、新潟、長野、滋賀、兵庫、広島などなど全国から絵手紙愛好家の方々がお集まりです。特に鹿児島からは62人もの参加だそうで、びっくりしました。
絵手紙友の会会員の方々には、棟方志功のファンが沢山おられ、お陰様で結構な書籍の売り上げになりました。どうもありがとうございました。
会場に絵本『ちよゑちゃんとパパとだまし川』(絵は棟方志功さんの次女小泉ちよゑさん)の著者大成勝代さんがおいでになっていて、とても長い時間(4時間程)お話しすることができました。この作品について大成さんは、「棟方志功について大方の評論家やメディアは、狂ったように作品制作に向かう情熱的な作家として捉え、紹介しているが、志功は沢山書物も読み、よく研究している人で、そういうふうに受け止められることを十分意識していた筈。子供たちには良き父であり、決して狂気の人ではなく、家庭人であり、社会人であった、そういう面からの人物像を伝えたかった」(という風に私は理解したのですが、間違っていたらごめんなさい)とのことで、なるほどと感動しました。また、私だけでなく多くの富山県人は、棟方志功さんが福光に疎開しておられたころは、全然売れない作家で、地域の人に助けられてギリギリの生活をしておられたと思っていたのですが、確かに仕事がある訳ではないので生活は苦しいのですが、売れない作家ではなく、福光へ来た頃は既に東京でも一流の作家だったとのこと。富山の在郷の絵画だけでなく書やその他広い範囲の文化人に影響を与えていたと考えられるとのこと、大変勉強になりました。
ところで、今日の会場販売は午後4時半までということだったのですが、記念講演が長引いていっこうにお開きになりません。ダラダラと本をお買い上げいただくのはうれしいのですが、昨日このブログで書きましたように、この後6時半には農業の土木委員会に出席しなければなりません。刻々と時間が過ぎて行き、5時半を過ぎてもホールにはたくさんの方々がおいでです。もうこれ以上は無理というところで、事情を説明してお許しを頂き、店じまい。走りに走って、汗だくになって6時28分に農協へ滑り込み、セーフ。
今後の稲作管理や大豆作業、大麦刈取りのこと、田祭り、農業研修会のことなど協議して、後は懇親会。お腹も空いているので、ビールがうまい。今日はよく働きました。

カテゴリー: 書‐書店員 | コメントする

絵手紙友の会全国大会in富山で販売 1

今日から富山国際会議場で「絵手紙友の会全国大会in富山」が開催されます。会場で地元の「桂書房」さんが出版している、棟方志功さん関連の本、4点の販売を行います。私は、今日一日外商の用件が入っているので、カミさんが担当です。
明日は、私が一日会場販売です。このお話を頂いたのが今月の20日で、ちょっと慌てた準備となったのですが、私は明日夕方から農業の土木委員会(今年から生産組合の土木委員になってしまいました)の日程が決まっていて、外商を入れていなかったので、安心して会場販売に出かけます。

カテゴリー: 書‐書店員 | コメントする