玉葱の植付

玉葱は種からでなく、苗を買っています。自分ちの分だけの、少量なので、近くのホームセンターで買っています。苗は11月上旬まで、毎週水曜日と土曜日に入荷することになっています。今日の天気予報は晴れ。朝から苗を買いに出かけました。園芸コーナーに行くと、店員さんたちが、「こんなおぞいもん持って来て、どうするが。返品せんなん」と話しています。嫌な予感!しかし、苗の棚にはなかなか元気の良さそうな苗が並んでいます。そこで250本購入しました。ところが、購入後よく見ると、早生種です。あれぇ、中晩生種を選んだつもりだったのに、と取り換えをお願いすると…。中晩生種は、とても傷んだ苗でした。これだ!先ほど店員さんたちが話していたのは。これはイカン!実は昨年、玉葱の苗って直ぐに品切れになるので、予約して、夕方に取りに行ったものだから、すっかり傷んでしまった苗を渡されて、結局半数以上が死んでしまったことがありました。そこで、次の土曜日を待つことにして、返品をお願いしました。お店の方は、快く引き取ってくださったのですが、何かスッキリしません。
今日は玉葱を植えるぞ!と、本屋の仕事もやらないことにして、出掛けて来たのです。しかも久々の晴天。納得いきません。そこで、少し離れたところにある、スーパーセンターに行ってみることにしました。農作業用の長靴やカッパズボンはここて買っています。
スーパーセンターの玉葱の苗コーナーでは、おばちゃんたちが苗を囲んでガヤガヤ言ってます。ここでも、「なんか、どれもおぞいねぇ」「ヤセタがばっかりや」と言っているのが聞こえます。でも、見たところこれならいけそうです。そんなぐちゃぐちゃ触ったら、なお傷むにけぇ!と言いたいところですが、さっと横から2束掴んで買ってきました。
今日はとりあえず100本。残りは土曜日以降です。

ponpon について

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す