最大級の台風接近 どうする柿の実

史上最大級と予報されている台風19号が接近しています。12日の午後にも暴風圏内に入ってしまうというので、いろいろ心配なことがありすが、その一つに、柿の実を収穫してしまおうかどうか、朝から迷っていました。もう2度も収穫をしたので、家には十分柿の実があります。我が家には、水島柿1本と渋柿が2本あるだけで、販売するために育てているわけではありません。渋柿はあと1週間後位で収穫できそうなので、柿の好きな弘前に居る次女に、甘柿と一緒に送りたいと思っていたので、今収穫したくないのです。
今日から3連休で、発送するとしても火曜日。弘前行きの宅急便は秋田で一泊するので、富山からは2日掛かります。水島柿はとても弱いので、娘の所に届くまでに5~6日置くことになると、劣化が心配です。
昨日から始めた玉ねぎ植え付けのための土づくりの出掛けに、迷いながら柿の木を見上げていると、近所の爺さんが、「おっ、柿いっぱい実っとるねぇ」と声掛け。「台風来る言うとるもんで」と答えると、「そら取らんなあかんわ。青い実ならともかく、赤~なってしもとるがに」と言います。木に下がっていればいくらかはモチがいいのですが、台風で擦れ合うようなことになれば、傷みは早くなります。
決めた!ということで、少し黄色いところのある20個ほど残して、摘んでしまいました。
さて、娘に送る柿はどうなるか。

ponpon について

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す