D&DEPARTMENTさんの古本まつりに出店しました

昨日(10/29)、D&DEPARTMENT_TOYAMAさんで開催された、「d market富山古本まつり」に出店してきました。生憎の雨天にも関わらず、ほぼ一日中お客様が切れない盛況振りでした。

dd1

この写真は、開店一時間程前の、会場のワンショット。お店の入り口付近の、(怪しげな、いや)堂々とした御三人は、いまや北陸の古書店界では時の人、ブックエンド、オヨヨ書林シンタテマチ店、オヨヨ書林せせらぎ通り店の各経営者で、入り口真横のウチの店を見ているわけではなくて、入り口を挟んで隣の、D&DEPARTMENTさんのテイクアウトコーナーで、朝から「ホットワイン」を一杯やろうと、企んでいるところです。かくしてその企ては、この後実行に移されました。

今回、絵本専門古書店が二店のほかにも古本絵本に強いお店が多いので、ウチは絵本はやめて、文芸書と社会派新書の古本を中心にして品揃えをしました。その上私は、出店店主中二番目に高齢であることもあって、本好きなおっさんたちが寄ってきて、(絵本屋が長いので)久しぶりに文藝談義に(寒くて現実はそれどころではないのですが)花を咲かすことができました。
例えば一例を挙げると、福永武彦さんの文庫を手にとって、「ぼくの人生の愛読書で、1年に1回はこの本を読み返す」と唾を飛ばしながらいつまでもしゃべり続ける人とか(後でそこら辺、一生懸命拭きました)、本をもったままじ~っと動かないので、私がとても印象に残っている『廃市』の話を向けると、「この本より『廃市』の方がもっと暗くて、俺暗いの好き」と本をもったまま、またじ~っと動かないでいるかと思うと、途端に大林監督の映画を見たか話し出し、私が観てないと答えたものだから、出演者を次々と挙げて説明し続ける人とか、「この人の息子(池澤夏樹さんのこと)が~で、孫が~で…」と講釈する人や色々現れて、紆余曲折の末、結局のところその古本は、息子さんと一緒にふら~っと前を通りかかった中年のご婦人が、「あっ!あっ!この本ず~っと探しとった!」と大きくため息、一つ深呼吸をしてから、興奮気味に買っていかれることになりました。毎度有難うございます、福永武彦著『草の花』古本一冊150円也のお買い上げです。

今回出店した古書店は、古本ブックエンドさん、ひらすま書房さん、古書玉椿さん、デフォー子供の本の古本屋さん、古本と珈琲ジンジャーラーメンブックスさん、豆古書店さん、よこわけ文庫さん、古本サニーさん、それとウチあっちゅん堂の全部で9店です。
このほかにも富山市には何軒か古書店はあるのですが、今回出店のお店は、どちらもここ数年で湧いて出たように(失礼!)現れた、新しいお店で、経営者も若い方が多いのです。そういうやる気満々の富山市内の古本店が、一堂に集まった古本まつりでした。

それに比べ新刊本書店は、(あっちゅん堂の正体は、新刊本書店プー横丁です)前に「北陸日販会総会、北陸エリア書店販売勉強会へ行ってきました」(6月15日)で書きましたように、富山市からの出席者は中田図書販売さんとウチだけ、出席出版社さんは山のような中で。しかも、ウチが開店以来、富山市内の新刊本書店の新規開業は、数年前に開店されたA書店まで30年近くなかったのではないかと思います。その間に、ウチの周辺では、20数店舗あった新刊本書店は全てなくなり、そこへ巨大書店K書店富山店が現れて、街中で最後まで頑張っておられた超老舗S書店本店も閉店されることになってしまいました。

しかし、「日販担当者交代」(7月6日)でも書きましたが、私が「プー横丁」を開店した当時は、どちらの書店も売れに売れて、夜も眠れないという繁盛ぶりでした。どうにも本を仕入れることができずに困り果てていたウチでさえも、今となっては信じられないような膨張ぶりで、金沢店、高岡店、富山駅前店、於保多天満宮前店、清水町営業所、太閤山ランドにまで支店を出して、従業員の方にも来ていただいて、営業車も福井県まで走らせ、売りに売っていたのですよねぇ、ホントに信じられない!今となっては、跡形もなく消え去ってしまわれた、数十軒の書店さんが、売りに売った本、多くは好景気を迎えて戦後派や団塊の世代(ウチの場合は、その方々+みんな引き上げて行ってしまった、大手企業の富山支店に勤務しておられた転勤族のご家族の方々)が買いに買った本が、人生の終末期を迎えて、どっと!放出され始め、新しい形の古本屋さんたちを潤しているのでしょう。福音館書店の絵本は完全買い切りで、殆どの書店さんは置くことを嫌っていて、当時富山では東京のお土産に買ってきてもらうものというような位置づけだった頃に、ウチが開店して、どーぉん!と平積みで積み上げて売り出したものですから、当時はホントによく売ったと思います。だから自信を持って、今古本屋さんで売られている古本の絵本は、殆どウチが売ったものだろうと確信し、自負しています。

「d market富山古本まつり」に出店したら、何か絵本を持って来なかったことがバカバカしく思えてきて、やっぱり古本でも、絵本はちゃんと売っていこうと思いました。だって、ウチは元々ず~っと絵本屋で、30年以上も絵本を売ってきて、古本の絵本も何年も前から売っていて、福音館の絵本なら富山のどこのお店よりたくさん売ってきたはずだし、福音館の絵本のことを一番分かっている書店は、ウチなのだから、と思い直しました。

新刊本が売れないことには、古本は生まれないのです。古本は、どれだけ売っても、作家の生活を支えることはできないし、新しい作家を生み出すこともできません。本が未来に亘って出版され新鋭作家を輩出するためには、新刊書を売らなければなりません。
一方、子どもの本は、ロングセラーだとよく言われますが、時代に合わなくなって消えていく本や、売れなくなって絶版や再版未定になっていく本がどんどん出てきています。永く読み継がれていくべきはずの本が、もう出版し続けることができなくなって来ている訳です。
そういう意味では、例えば団塊の世代が親子で十分楽しんだ本が役割を終えて、次の世代の親子に手渡されていく手伝いができるというような古本屋の仕事は、とても魅力的です。
新刊本も古本も、しっかり売っていくことで、新しい本がどんどん生まれ、その本を大事にあたためていくことができるといえるのかもしれません。

「古本まつり」に出店していて、何回か耳にしたのが、「今の新刊本は高くて、話にならない」という声です。しかし、新刊本が高いから、古本を買うというのはどうでしょうか。今は団塊の世代終末期バブルで本は有り余っていますが、もうすぐバブルは弾けます。団塊の世代の跡には、街中書店が全部消え去った「失われた10年or20年」がやって来ます。新刊本を買わないわけですから、古本市場に供給される本は激減し、古本の稀少価値は高まり、「今の古本は高くて話にならない」から「kindle」で読むということになるのではないでしょうか。
少し前に亡くなられた文壇の大御所の本が、亡くなられてどれくらいもしないうちに、文庫本までも再販未定になって、「kindle」版だけになりつつあります。「kindle」版の古本(版)ってないですよね。
何か、本が限りある資源に見えて来たりして、石油みたいに。新刊を売らないで、古本ばかり売っていたら、高騰し、やがて枯渇してしまうかも。だけど、ちゃんと新刊本を売っていれば、限りない資源なのですよねぇ。

デジタル本に、絵本は向いているのではないかという意見がありますが、私はそうではないと思います。このことは、またまた別の機会にと思いますが、一例が絵本の版型です。絵本は、大きさがまちまちです。バラバラな分だけ、文化の高さだといえるでしょう。「kindle」の形を、その都度変化させるテクノロジーが開発されることがあれば、そのときまた考えます。

最後に、あんまり寒いのでD&DEPARTMENTさんからホットコーヒーの差し入れをいただきました。ほんとうに有難く、とても美味しかったです。何故か今まで、D&DEPARTMENTで注文して飲んだことのある飲み物は、アイスコーヒーばっかりでした。ホット、美味しいです。

dd2

ponpon の紹介

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: 書-古本, 書-文学, 書-書店, 書‐新刊書 パーマリンク

コメントを残す