ひらすま書房さん OPEN

富山で人気の、古本・リトルプレス販売の「ひらすま書房」さんが、今日(7月9日)旧小杉郵便局(射水市戸破にある大正時代建造物)で、OPENです。おめでとうございます。とにかく、建物がイイ!そして、その建物に、「ひらすま書房」がバッチシ!マッチしています。「ひらすま書房」さんちがあるところは、荒町商店街といって、旧北陸道沿いの旧小杉町きっての超老舗界で、近くには「竹内源蔵(鏝絵)記念館」もあり、射水市の観光スポットになりそう。私の家の近くで、歩いて行ける距離にあるので、うれしいです。

建物と放浪書房さん

建物と放浪書房さん

18:00~のオープニング・イベント「放浪書房」さんのトークライブに間に合うように、お店に入ると、いっぱいのお客さんです。店内は明るく、この建物ならではの面白い作りになっていて、落ち着いた雰囲気で、何かのんびりとした気分になりました。
hirasuma3 hirasuma2
「放浪書房」さんのトークライブには、満席の入り、挙手アンケートでは、「放浪書房」と聞いてやって来たというお一人を除いて、すべて「ひらすま書房」さんのお客様。「ひらすま書房」さんの日常活動の厚みを実感しました。
「放浪書房」さんは、言うなれば「ひらすま書房」さんのお師匠さん。この道に引きずり込んだ張本人だけあって、「小商い」の秘訣、秘伝は見事なもの、「小商い」免許皆伝トークでした。明日から「コアキーナ」で「小商い」を始める人が続々と現れてくるのではという迫力でした。
hirasuma4
交流会では、お隣の「風景と食設計室ホー」さんよるスナック菓子、野菜の漬物?による食のインスタレーション。ドリンクに、ハートランドビール選んじゃって酔ったせいですか、写真撮るの忘れました。

ponpon の紹介

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: 書-古本, 書-書店 パーマリンク

コメントを残す