土木会議に行ってきました

7月1日から、うちの店では、「大地のめぐみブックフェア」を始めています。うちのカミさんが昨年から温めていた企画で、各出版社さんにもご協力いただき、Facebookでも「いいね」していただいたり、過分のコメントをいただいたりと、とてもうれしく思っています。
という訳で、私も「大地のめぐみフェア」に協賛の意味で、7月3、4日と泊り掛けで、高岡市雨晴温泉「磯はなび」で開かれた「土木会議」に行ってきました。私は昨年から土木委員なのです。
「雨晴海岸」は、「白砂青松百選」・「日本の渚百選」の一つで、昔源義経が雨を晴らしたという「義経岩」を前景に富山湾越しに見る立山連峰の雄大な眺めは絶景で、「磯はなび」の露天風呂から見ることができます。
isohanabi_kanban
「土木研修会」は、地下1階の会議室で開かれ、「稲作管理」のいろいろな事柄について指導があったのですが、大半が「カメムシ」対策に当てられました。今年の「カメムシすくい取り調査」では、平年の3倍、昨年の2倍発生しており、草刈り、耕起、大麦後の作付など徹底した対策が強調されました。
ちゃんと研修受けてきましたよ、という証拠に写真をパチリ。酒飲みに行っただけではないのです。
isohanabi_kenshukai
やっぱり研修会のあとは、ゆっくり温泉に入って、あとは親睦会です。親睦会に出たお酒が「磯はなび」オリジナル。「三笑楽」さんの造りで、とてもおいしいお酒でした。オリジナルなので、「特定名称」が記載されてないのが残念でした。
isohanabi_sanshoraku
「磯はなび」は、JA共済の施設ですが、百姓でなくても利用できますので、ぜひ。とてもいい温泉です。(#^.^#)

ponpon の紹介

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: の‐農業, 酒-日本酒 パーマリンク

コメントを残す