あー!B型家族 娘、音信不通!

 8月25日に出発したF子(三女)は、ソウルのホテルに入ると、メールを送ってきました。インチョン空港ではすぐにウォンに両替する所が見付かったこと、ソウルのホテルではコンセントの口が合わないこと、早速ホテルを探検するとの内容でした。両替も、コンセントの口も、出発前に私が娘に確認したことで、両替については、とりあえずのお金を富山空港で替え、後は中国に入ってから、コンセントについては、既に留学を終えた先輩から「だいじょうぶ、そのまま使える」と聞いているとのこと。ところが8月25日は日曜日で、富山空港では両替できず、インチョンへ行ってからということになり、広い空港で、たぶん英語でのやり取りになると娘は不安顔でした。コンセントの方は中国へ行ってからということで、とりあえずバッテリー頼りで、短いメールのやり取りになりました。
 8月26日は、中国に着いて、迎えの先生方と寮へ直行し、夜は歓迎会とのスケジュールでしたが、娘からは何の連絡もありません。
 8月27日になっても連絡はありません。
 8月28日の朝パソコンを開けると、ロンドンにいるS子(次女)から大騒ぎなメールが届いていました。M子(長女)から「音信不通」とのメールを受け取っていたようなのです。
 「Fちゃんと連絡が取れてないとお姉ちゃんに聞きました」から始まって、韓国では連絡が取れていると聞いたが、寮に着いたかどうか、学校か寮に直接確認できないのか。心配で、私は「日本へ帰ります。あるいは中国へ行きます」とパニックになっています。彼女は、我が家ではもっとも海外を経験していて、結婚式もチェコで挙げましたし、楽しさをよく知っている一方で、イタリアではバックを切られたりと怖さもよく分かっているのです。彼女の慌て振りに、実は毎日を緊張して過ごしているのだなと思い、いとしくもあります。
 しばらくして、またS子からメールが届きました。いろいろ考えこんで、もし日本へ帰るならオペアを休もうと思って、奥さんに相談したら・香港は危険じゃない・浮かれて連絡するの忘れているか疲れて寝ているだけ・転んで足挫いて病院で寝ているくらいはあるかもしれない-とアドバイスしてくださったそうです。「Sちゃんは心配性なのね~。こんなに心配されて妹さんは幸せ者ね~。わたしは夫が出張で海外行っても帰ってくるまで4日間くらい連絡取らないわよ」だそうで「心配しすぎだったようです」とS子。
 夜になってまたS子からメールが届きました。「F子から連絡ありました」「ご飯食べて、ちゃんと寝てるよー っておかんとかに言っといて パソコンのインターネットまだ繋がらないからさー 」だそうです。
S子は興奮して、少し難聴になっていると言ってます。心配!
 ほっと一息つくと、かみさんは、「本当にB型家族だわ、やりっぱなし、出しっぱなし!」と遣り切れない顔をしていました。我が家は、娘3人、私、みんなB型で、かみさんだけがA型です。

ponpon の紹介

本と映画とパソコンと写真とお酒が大好き。
カテゴリー: 暮-娘の留学 パーマリンク

コメントを残す